vol.2




どなたもきっと、初めてづくし・・・ たくさん疑問や不安でいっぱいなのではないかと思います。   
ここは、どうなるの?
 どうして それを使うの?
様々なご質問にお答えし、納得して頂きながら進めていきます。

完成した家を買って、そこに自分を合わせるのではなく、
自分に合った
オンリーワンを創り上げることができるのは、設計事務所を選択する大きなメリットです。

ご質問等、どうぞお気軽にお問い合わせください。          
メールはこちら




特徴 vol.1:エコ
           冷暖房効率
をあげ、四季を快適に過ごす
               
「環境に優しい」は、私たちにも優しいということ



以前 journalも取り上げたように、共和設計は冷暖房効率の良い建物の設計に努めています。

私たちが採用している空調システムは、床下の空調1台で家全体を一定の温度に保つもの。部屋ごとの温度差、
時間ごとの温度差がほとんどない、快適な『
温度のバリアフリー』です。

だから予備で部屋に設置するエアコンは 『必要があったら、お使い下さい。』 とお伝えしています。
「床下のエアコンはずっとつけておくの?・・・モッタイナイ!!
」 と思われますか?

実際空調というものは、一旦一定の温度になったら寒い時、暑い時に微調整する為稼動する程度なので、毎度急加速で
度々稼働させて調節するよりも、つけっぱなしの方がずっと
効率がいいのです。

なのでお引越しされる頃には快適な一定温度になっているよう、床下の空調は工事が済んだら稼動させます。


















温度測定には、こちらのとても小さな『
温度記録計
』を使用しています。











空調を入れた日に各部屋へ設置し、1時間ごとの温度を自動記録してくれます。
数か月後に回収すると、設置してからの全記録がこの小さな測定器に記憶されています。
とても便利です。






実    例    1 


実例1【M様邸 


2016年春に完成したM様邸

1月から3月まで計測し、折れ線グラフを作成しました。


横軸が日にち、縦軸が温度です。

グラフ内で最も大きく波打っている点線は、外気温です。
一方で室内は、まだまだ寒かった3月でも、一定の快適な温度を保っていました。
玄関も2階の部屋にも、大きな温度の違いはありませんでした。



1台のエアコンを稼動しているだけですよ。
外気温の変化と一緒にグラフにしてみると、よくわかりますね。






実    例    2 

2010年春に完成したK様邸に、ご協力いただきました。
点線は外気温、
は理想20℃のラインです。




  



温度はどの部屋も、大体空調を入れて
2週間程度で一定に落ち着いたようです。

地下では同時に、
湿度も計測していました。
下のグラフをご覧ください。


湿度は、空調を入れて1ヶ月程度で一定に落ち着いたようです。

こうして住まいの快適さを司る地下の空調。                                               
設定の目安としては4月まで暖房6月からは除湿に切り替えれば、空調1台で家の中が一年中快適すよ。

ページTOPへ







参    考     ー 南と北。 気温の差はどのくらいある? 

室内との比較で顕著になった、外部の激しい気温差。
時間帯ではもちろん、南北によって日の当たり方も異なり大きくます。同じ建物の南北でどのくらい違うのでしょうか。

以前、共和設計の南北それぞれに温度記録計を設置し、約4ヶ月温度測定を行いました。

です。

一日の
最低温度には大差がありませんが、最高温度は同じ建物の南北10℃以上差がある日も!





1月20日から2月28日



3月1日から4月15日



ページTOPへa

copyright(c)2017,kyowa architectual assoc.